勝手に命名。小川町は「バ川町」。 

 本日0700時ちょいまで、町の指定避難場所に自主避難していた。え? なぜ過去形か・・・ って? だってさ、0700時に避難場所を閉鎖するって言われて、追い出されたんだもん。
 川は危険位で、自宅付近の山は土砂災害の危険性が高いけど、自宅に戻るっきゃねーんだよ。役場の2階は「立ち入り禁止」だし。
  隣(上流)の東秩父村や、近く(下流)の東松山市では避難勧告が出たのに、小川町の対応は真逆。まだ台風本体が通過中だというのに、避難している住民を避難所から追い出しちまった。

勝手に命名。小川町は「バ川町」。20171023-01
▲明るくなった今朝0600時、巡回中に撮影した避難所脇の河川。これでも未明より位が下がっている。流木が橋でダムを造ったら氾濫確実。この状況を知りながら避難所を閉鎖したなら、役場職員と首長のテイノウぶりが知れる。



 役場避難所を開設し、防災無線で避難を呼びかけたのは、昨日1900時。で、避難場所に行ってみたら、まだ衆院選挙投票中で避難出来ない。
 そして避難所が閉鎖される本日0700時までの12時間で、自主避難している住民に提供されたのは、薄っぺらな毛布1枚とだけ。食料も燃料もブルーシートも、なーんにも備えていなかった。用意されていたのは、真空パックの緊急用簡易毛布20枚と同じく真空パックの緊急用簡易タオル14枚のみ!

勝手に命名。小川町は「バ川町」。20171023-06
▲車椅子用スロープに置かれていた未開封の段ボールを奥に移動。簡易毛布10枚入り×2個、、、だけ。

勝手に命名。小川町は「バ川町」。20171023-05
避難所にあった災害用簡易タオル。1パック2枚入り×7パック=14枚、、、だけ。



 これまで国内いろいろな場所で生活して来たが、これほどお粗末なのは初めてで、呆れるしかない。外は土砂降り。この状況で、どんな人が避難して来るのかが全く想定されていないのだから。
 仕方ないので、断に備え避難所にある容器という容器にを満たし、ポットと薬罐にお湯を満たす。避難室のエアコン設定温度を上げ、便所紙の残量を確認。
 これだけでは足りないので役場へ出向き、せめてブルーシート数枚、バスタオル20枚、ポリタンク3個、ガソリンと灯油各数リッター、避難者用食料を出して欲しいと直訴したが、職員は言い訳に終始し、結局「ない」のひと言で片付けられた。
 勤務と称して「庁舎2階に避難」している防災担当職員さん、頭ダイジョーブ?? あ、そうそう、「自分さえ良ければいい」っていうのが「オガワマチ則」だったけ。
 自覚がないようなので、勝手に名付けて進ぜよう。小川町(おがわまち)改め「バ川町」と。首から上が帽子掛けじゃあ通じないか。

勝手に命名。小川町は「バ川町」。20171023-02
▲断に備え、棚にあったコップやボウルに水を満たす。役場に出向いてポリタンクを求めたところ、「まだ水は出てますから」と拒否された。止まってから、どーやって飲料水を確保するの?? これだけ降ってると、井戸水も濁ってるんだよ。災害未経験者は、本当の災害を知らず、安全な庁舎から指令を出すだけ。それでお給料をもらえるんだから、これほど恵まれた職場はなかろうに。「税金泥棒」って言葉、知ってる??

勝手に命名。小川町は「バ川町」。20171023-03
▲バケツの中は洗い水だが、いざとなれば煮沸消毒して飲める。

勝手に命名。小川町は「バ川町」。20171023-04
▲棚の中にあった焼酎は、応急消毒薬に転用。何もない避難所なので、未使用の手拭い20枚も持ち込んだ。ガーゼや包帯の代用として。



 ちなみに避難場所に派遣された職員2名は、22日1830時から23日0700時まで休憩なしの連続勤務で食事付きだが、交代要員不在。緊急時とは言え、これって労基に抵触してないか? 役場が率先してこれをやったらマズイだろ。ま、こんな事も「オガワマチ則」の一部に過ぎないのだが。お国の律より、自分たちのルールが常時優先じゃあ、どーしよーもないよ。
 幸いな事に自然災害に強い町の、地元民やお役人様は、不幸な事に本当の災害の怖さを知らしい。めでたいね。めでたいにも程がある。
 今、雨は上がったが風は強く、放置された人工林の木々が揺れている。間抜けな自治体と首長のおバカな判断で、犠牲者が出ない事を祈るばかり。
 災害ってのは、起きてからじゃ遅せーんだよ!! アンタら、日本各地で過去に起きた災害から何を学んだんだ? 数多の命が犠牲となった、大事な大事な教訓だぞ!!

 余談ながらに、台風のタイミングがあと少しズレていたら、選挙結果は変わっていただろう。チョーチョーさんと仲が良い事をアピールしていた当選者、いや代議士さん、良かったですね。仲良しチョーチョーさんのケツ拭かないと、次は落ちるよ。

今年も出店します。で、急募。 

 11月3日(祝)開催される小川町商工祭に、ブランド古着をメインで扱う古物商として出店します。ジャンルはアウトドア、カジュアル、デニム、セーター、カーディガン、ジャージ、ミリタリー、作業服など、男女を問わず揃えていてレア物もあり、下北沢の古着屋さん並みかも。ただし問題が・・・。
 当初予定していたお手伝いさんたちが、なぜか皆、諸事情により参加出来なくなったため私1人となり、出店そのものが危うくなっています。どなたか手伝って戴けませんか? 
 最低でも1人、まともな助手が欲しいのです。出来れば3人。賃金は最低時給860円~で、どこまで上がるかは本人の働き方次第。ただし、支給は日本銀行発行通貨・紙幣と限らず、本人の希望により現物(古着ミリタリーアイテム、昭和レトロ古物、山林作業用品、丸太、薪、四駆パーツ、四駆雑誌、漫画、裸婦写真集、直筆サイン色紙など)となる場合があります。「躰で払え」と言われた場合は、女性限定とした上で考えさせて下さい。心と用具(え?)の準備が必要です。杞憂か。

商工祭チラシ02

 
 問題は、これだけではない。
 主催者である小川町商工会は常に耳から上の中身がお花満開なので、会場と来客用駐車場が遠いのだ。ちなみに出展者用駐車場はすぐ近く。私のような販売業者にとってはモノを売るイベントなのに、来訪客が何かを買って持ち帰るという発想に至らないあたりが、いかにも小川町らしい。
 これじゃあ来る客も来ねーよ! そもそも小川町自体の知名度が低いのに。地元の方々は有名だと思っているからおめでたい。
 当然、このイベントに関する町外での認知度はほぼゼロ。当欄が集客に役立てるとは思えないし。

 まぁ興味のある方はぜひ足を運んでみて下さい。どんな業種が出店されるのかは把握していませんが、飲食ブースは美味しいしレアアイテムと知識が豊富な呉服屋さんは一見の価値アリでしょう。
 10年間で人口が3.8万人から3万人に減って高齢化が進み、滅びの過程にある町姿を見るなら今のうちです。バカ高い固定資産税を吸い上げるためなのか、すぐ更地に、間もなく草叢になっちゃうから。

 そんな町でも行政やイベント主催者が知らない見所が沢山ありますし、住むにも良い場所です。

観光不案内。 

ついでながらにを吐く。

 4年くらい前だったか。脊椎管狭窄症の手術を受け、杖をつきながらようやく少しずつなら歩ける状態にあった傘寿の父が、不肖の倅を心配して、電車を乗り継ぎこの町に来た。
 当時の父は、携帯電話を持たされていなかった。
 電車を降りた父は、やっとの事で改札まで歩き、私に連絡するため駅員に公衆電話はどこかと尋ねた。
 駅員はしばらく考え込み、「駅を出て右手のコンビニにあります」と。
 駅前のローソンは、改札口から約50m。しかし、疲れで腰の痛みが増して来た父にとって、その50mはとんでもない距離に思えたらしい。
 ため息をつきながら周囲を見れば、駅舎のすぐ脇に公衆電話ボックスがあるではないか。
「自分か勤務する場所の周辺も知らんあの駅員は馬鹿タレや。鉄道会社も教育がなっちょらんし、町との連携はどーなっちょるんや!?」
 父は、怒るというより呆れていた。 

 ここ小川町では、観光産業にも力を入れている…らしい。そうは見えないけど。

 町にとって、駅は、窓口でもある。その窓口が不案内では、来る客も来ない。住むにも来るにも魅力ある町なのに、人口は減り続けて廃れるばかり。地元目線でしか物事を考えられない性質と、足元すら知らない窓口。廃れる理由がよく分かる。

老いぼれ雲助。 

 梅雨らしい天気が続いている。体調が不安定で仕事をこなせないこういう時、たまにはでも吐いてみるか。

 体調が極端に悪化しタクシーを呼んで病院へ向かう途中、あまりに乱暴な運転でシートから揺り落とされケガをした(乗客のケガは運転者に通報義務がある)にもかかわらず、そのまま何もなかったかのように目的地へ運ばれ、メーター通りの料金も支払わされた件は、以前に当欄で書いたと思う。
 その後タクシー会社の方が当該運転手を連れて謝りに来たが、支払った運賃を返すでもケガの治療費を弁済するでもなく、持参した菓子折は運賃の半額以下だった。
 旅客業務において、乗車事故の重大性を認識していないのか、それともよくあることだからローカルルールとして定着しているのか。

 ミニカー・ジャイロで道幅の狭い裏道を走っていたら、後方からかなりの勢いでタクシーが追い越して行った。約20m先の信号は赤なのに。
 案の定、このタクシーは前のめり気味に急停車。しかも停止点をかなり越えている。そして、まだ信号が変わるには時間があるというのにじわじわ前進。信号が変わると同時に加速して(といっても、使い古されたコンフォートだから…)、前走車との車間を詰めると、今度は何やら左右にフラフラ揺れている。
 タクシーを運転していたのは、頭の禿げ上がった老人。車間にはまだ詰める間隔があったし、左右の振り方も可愛らしいものだったが、運転手の年齢を察するに、これで目一杯煽っているのだろう。窓から出した腕の動きは、明らかにイラついていた。

 ここ小川町では、観光産業にも力を入れている…らしい。そうは見えないけど。

 そんな町では、地元のタクシー観光ガイド役も求められるものだが、訪れた人たちが老いぼれの荒っぽい運転ぶりを見たらどう感じるだろう。

 私が観光客なら、タクシーの運転が危なっかしい町になんて行きたくもない。

季節の変化。 

 ここ埼玉県北西部の田舎町では、昨日の午後を境に、夏から秋へ空気が急速に入れ替わった。
 自然に近い場所で暮らし、自然の中で働いていると、季節の微妙な変化をも肌で感じられるほど感覚が研ぎ澄まされて来る。
 この感覚、都会で暮らす人に…、
「分っかるかな~、分っかんねーだろーな~」←懐かしい??

美味しいつけ麺屋さん。 

 ウチの近所に、おいしいつけ麺屋さんかあり、よく利用している。
 メニューにある料理は、すべて化学調味料を一切使用していない。なので、濃厚な味ながら食後はさっぱりしている。
 麺は自家製。定番メニューはどれも美味で、季節によって入れ替わる限定メニューにもハズレがないことから、店主の舌が確かなことも分かる。昨年まで冬季限定だったラーメンが今年から1日20食限定の通年メニューとなるなど、顧客のニーズもよく研究されている。
美味しいつけ麺屋さん。20121005-02

 ちなみに10月末までの限定メニューはカレーつけ麺。カレーのくどさはなく、東南アジアの味を意識してか、ナンプラーなどほんのり現地の香りがして、これも美味。
 私のお薦めは「おにぎりセット」。つけ麺かラーメンに+250円で、小振りな雑穀おにぎり2個と大粒の餃子3個が付いて来る。つけ麺大盛り(並盛りと同料金で、麺の量が300g)とおにぎりセットを注文すれば、かなりの食べ応えがあって空腹は一気に解消出来、満足至極。

 小川町へ来た際は、ぜひ立ち寄って頂きたい。いや、車を走らせて食べに来るだけの価値がある。期待を裏切らない味に、きっとご納得頂けよう。

美味しいつけ麺屋さん。20121005-01
・めん家りく
〒355-0316 埼玉県比企郡小川町角山484-1
  電話:0493-72-6160
    火曜日定休

老い行く町。 

 ここ埼玉県小川町に越して来て3年ちょっと。自然が近くのどかながらに都会にもアクセスが良い魅力的な田舎町であるが、町そのものは老衰の一途にある。
 山手線圏内へは私鉄電車で1本、ローカル線ながらJRも通っているし、高速のインターも近い。これだけの立地条件に恵まれながら人口が減り続けているのは、ちょっと考えられない現実だ。

 一昨日(5月23日)は町長選挙の投票日で、報道から数字が明らかになったので、この町に関して計算してみた。
 町長選の有権者は28,341人。4月末日時点での人口は33,825人(小川町公式ウェブサイトより。外国人を除く)。単純に計算すると、33,825-28,341=5,484人が20歳未満の若年層となる。人口比率にして、わずか16%でしかない。選挙権を有しない成人も含まれるが、分母と分子がこの数字なら計算誤差の範囲内であろう。

 100人のうち、若者と子供(未成年)は、たった16人。「少子高齢化」という言葉が見事にあてはまる。
 再選を果たした現職町長は、今年で74歳。これまで2期8年を勤め、3期目となる。
 「老人の、老人による、老人のための自治体」。これは何も、ここ小川町に限ったことではあるまい。不老長寿を盲信する老人により、若者はますます暮らし難くなる。

 老いは、誰にも訪れる。故に、私はやがて美しく老いたいと願う。先人達を反面教師として。