ジープ(Jeep)と薪ストーブ(暖炉) 焚き火屋店主、NPO森臨隊代表・菰田晴雄の呑気なウェブログ

ジープと焚き火をこよなく愛する人間の、時に間抜けで時に過激なウェブログです

2010-03-25

入院。

 しばらく当ウェブログを更新出来ていなかったのは、実は入院していたから。
 仕事は忙しすぎるし、私生活はわやくちゃだし、精神的には不安定すぎて、とうとう限界点を超えてしまった。主治医がいる病院への任意入院は…、8年ぶりか?
 症状を自覚した上での任意入院なので他の患者さんよりも行動に自由があるとはいえ、閉鎖病棟ゆえに外部との連絡には制約が大きいし、1600時~翌日1000時までは病棟から出ることも出来ない。同室の連中が奏でるイビキがうるさすぎて満足に寝ることも出来ず、休養(療養)という主目的は果たせなかったが、久しぶりでじっくり読書を楽しめたし、慌ただしい日常からも離れられたのだから、善しとしよう。
 退院後は、そのまま家に帰らず、思いつきで東北方面へ鉄道の旅。流れる景色を見ながら食べる駅弁は、格別の味だよね。
 帰宅後も精神的に落ち着かない状況が続いていたが、ようやく今朝あたりから復調を実感出来るようになり、こうして原稿を書き進めている。
 さて、ため放題にため込んだ仕事を、どこから片付けて行こうか。

2010-03-10

小説より奇…なのか?

 今日は3月10日か…。ちょうど1ヵ月だな。

 この1ヵ月間、私のまわりに起きた出来事を他人が見たら、さぞ面白かろう。かつて某漫画家のファンクラブで一緒に馬鹿をやっていたトダ○マ某(今は脚本家らしい)でさえ、ここまでのストーリーは思いつくまい。未完だけど。

 2月10日、交際していたタナカ看護長(仮名)が、
「もう、おつき合いをやめますっ!」
 と言い出て行った。病状が悪化の一途で暴れることも頻繁だっただけに、いくら辛抱強いタナカ看護長(仮名)とはいえ、我慢の限界を超えたのは容易に推察出来る。「退職願」を受理した。
 当日、タナカ看護長(仮名)は自身のブログで、晴れて自由の身となったことを公表するとともに、新しい就職先も公募し始めた。
 あ~あ、後ろ足で砂かけられちまったよ。

 そこからだ。話が複雑になるのは。

 不況と言われるこのご時世、再就職先はそう簡単に見つかるものでもないらしい。タナカ元看護長(仮名)から再雇用を申し込まれたが、これを拒否。あったりめーだ。自己都合で退職しておきながら「良条件の職場を探したけど見つからなかったので、また雇って下さい」なんて、ムシが良すぎる。
 一方私の元には、思いもよらず後任人事としてサトウ料理長(仮名)の話が舞い込んで来る。おい、気は確かか? 自慢じゃないが、双極性Ⅰ型障害急速交代型だぞ。

 ここから先は…。現時点で書くのは控えよう。もう小説とかドラマの世界だよ。当事者である私が書くとシャレにならない内容ばかりだし。


 読者の皆さん、期待持たせちゃってゴメンナサイ。今日はここまで。

 | HOME | 

CALENDAR

MONTHLY

CATEGORIES

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS