ジープ(Jeep)と薪ストーブ(暖炉) 焚き火屋店主、NPO森臨隊代表・菰田晴雄の呑気なウェブログ

ジープと焚き火をこよなく愛する人間の、時に間抜けで時に過激なウェブログです

2010-06-19

平穏。

 ここしばらくウェブログを更新していなかったのは、日常があまりに平穏でネタとなりそうなことを思いつかなかったから。決して体調が悪かった訳ではなく、むしろ体調は良好と言えよう。躁状態の抑制に有効とされる炭酸リチウム剤の効果なのか、多考・多動といった躁状態の症状も出ず、それが作文意欲の低下を招いているのかも知れない。まぁいいか。
 生活も仕事も、平穏な日々。原木の搬出・搬入、玉切り、薪割り、薪小屋作り、置き場整理、草刈りといった通常の仕事に加え、「調子が悪いので見て欲しい」と預かった刈払機やチェーンソーの修理・整備もこなしている。それでいて自炊率が上がっているから、慌ただしかった生活も仕事もようやく落ち着いて来たのだろう。

 さ、梅雨が明けたら庭に物置小屋を作るぞ!

2010-06-08

道具好き。

 良い道具を見ると、つい欲しくなってしまう性格の方、とりわけ男性に多いかと思う。焚き火屋へ来られる方々を拝見しても、「道具好き野郎」傾向が強い。
 私も例外ではない。なので、無駄な買い物を避ける意味から理由もなく道具屋さんをうろついたりしないよう心がけているのだが、やはり仕事に必要な道具は吟味の上、揃えるようにしているし、買う時はワクワクする。
 写真は、昨秋からこの春にかけて購入した2点、「掬い」が付いていない長柄鎌とウナギ鉈。ね? 山仕事に関係ない「道具好き野郎」もワクワクするでしょ?
「道具だけはいっちょめェだな」
 と言われないよう、経験値も上げて行かなくっちゃ。

道具好き。20100607-01
▲現場で働く人間が自分の道具を揃えるのは、サラリーマンがスーツやネクタイを買うことと同じ…だと思う。

2010-06-06

薪屋な毎日。

 昨年の今頃は、転居先探しに動き回り、転居先が決まってからもリフォーム作業に時間を取られ、薪屋やメディアの裏方として本来やるべき作業が滞っていた。それを思えば、今年はかなり時間的余裕がある。精神的にも安定しているし。
 原木の搬出・搬入、玉切り、薪割り、置き場の草刈り、薪小屋作りなど、この1週間は、いかにも薪屋らしい作業ばかり。秋以降の本格的な薪ストーブシーズンに向けての商材(薪と玉切り丸太)も少しずつ増やしている。切って、運んで、積んで…。ハタから見たら非効率的な作業であろうが、ウチはウチ、これでいいの。このスローなペースが精神的負担にもならず、続けられる要素だと思う。自己満足かも知れないけど。

 梅雨入り前のこの時期が最も作業しやすいだけに、頑張らなくっちゃ。

薪屋な毎日。20100606-01
▲商品となる薪の8割は薪割り機で割っている。割りにくい樹種や部位でも割ってくれるので大助かり。残る2割は斧で割る。斧を振る感覚を忘れないためにも、全てを機械任せにはしない。

 | HOME | 

CALENDAR

MONTHLY

CATEGORIES

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS