ジープ(Jeep)と薪ストーブ(暖炉) 焚き火屋店主、NPO森臨隊代表・菰田晴雄の呑気なウェブログ

ジープと焚き火をこよなく愛する人間の、時に間抜けで時に過激なウェブログです

2011-04-22

ミス連発。

 その1。
 約5年振りで運転免許の更新へ。加齢に伴い視力が衰えていることなどすっかり忘れ、メガネ(度重なる引っ越しで行方不明)を持参せず行ったところ、通常視力は裸眼でパスしたものの深視力検査で不合格。二種免許所有者には深視力検査があることも忘れていたし、その検査をパスするコツも忘れていた。
 最寄りのメガネ屋さんで深視力検査を練習させてもらい、お礼に今の視力に合わせたメガネを1つ購入して、翌日出直し再検査。
 練習の甲斐あって、今度は裸眼でも深視力検査をクリア。あーあ、粗忽者ゆえ屋外作業日和の1日とガソリン数リッターを無駄にしちまったよ。もったいない。

 その2。
 第3置き場の草刈り作業中。そろそろ休憩ついでに燃料補給をと軽トラに戻ってみると…、刈払機のナイロンコードで撥ねた石か何かが後部ガラスを直撃したらしく粉々に割れちょる。
 実は、昨年も同じミスをやらかしている。その時の教訓として、離れた場所に軽トラを駐めておくよう気をつけていたのだが、作業に没頭しているうちに軽トラへ近づいてしまったらしい。あーあ、我ながら情けない。
 昨年は、行きつけの整備工場に同型の解体待ち事故車があったので後部ガラスとゴムを摘出出来安く済んだが、いつも都合良くドナーがいるとは限らない。この時期、自分のミスから生じた出費は痛すぎる。

 こうしたミスは、気が緩んでいる証拠。引き締めと節約を兼ねて、しばらくは禁酒だな。

ミス連発。20110422-01
▲亀裂の状態から、被弾ヵ所は運転席左後方上部とわかる。整備工場のトモさん曰く、「同じトラブルが今日だけで2件目だよ。これからの時期、増えるんだよなぁ」

2011-04-17

焚き火屋のアウトレット品情報。

 満開だった桜が散り始め、汗ばむような陽気の日も増えて来た。薪と薪作り用品の「焚き火屋」を開業して4シーズン目が終わろうとしている。

 これまでフケやボケなど経時劣化により傷みの生じた丸太や薪はホームページに掲載せず、主に自宅用として利用し、焚き方を心得ているので多少質が劣っていても構わないという方には安価で販売していた。俗に言う「裏メニュー」ってヤツね。
 実際、直接買いに来られた方で、状態と価格を説明するとこちらを買い求めて行かれる場合も多い。コンディションにバラつきが大きいため通信販売には不向きだが、こうしたアウトレット品の需要もあることから、一般販売商品としてラインナップに加えることとした。
 また、私が薪屋を営んでいることが地元の方々にも知られるようになったためか、里山の持ち主から、山で切り倒したままになっている木の引き取りを依頼されるケースもある。
「斜面に倒れているから素人じゃ危ねェけンど、アンタなら何とか出来ンだろ?」
 と。

 現場と伐倒された木を確認し、劣化が進み薪としても利用価値が低いと判断した場合は、
「適当に玉詰めておくから、そのまんま山の肥やしにした方ががイイだんべ」
 となるが、薪として生かせそうなものは手間を掛けてでも運び出し、アウトレット品として置き場に保管している。需要があるならこれらも商品となり、山も片付いてきれいになる。
 こうした事情から、格安でのアウトレット品特売を始めてみようかと思う。第1弾は、ヒガンザクラの玉切り丸太。昨シーズン(平成22年2月)に伐倒され里山に残されていた原木をカットしたもので外周部に傷みはあるものの芯はしっかりしており、薪として用いるには問題ない。通常は10kgあたり460~480円のところ、アウトレット特売価格で380円。ちなみにこの価格は通信販売を前提としたもので、直接買いに来られる方は10%の増量か値引きでの対応となる。細いもので直径約20cm、太いものだと40cmクラスだから、割り応え充分。
 焚き火屋ホームページからのご注文はもちろん、メイル、電話でも問い合わせに対応している。期間と数量限定での特売なので、興味のある方はお早めに。

焚き火屋のアウトレット品情報。20110417-01
▲在庫しているのは、「割る楽しみ」を存分に味わえそうなものばかり。

2011-04-11

桜の季節。

 今年は春の到来が少し遅く感じられる。ここ埼玉の小川町では、ようやく桜が満開の時期となり、早いものでは散り始めた。
 近所にある立派なしだれ桜も、昨年より遅れて先週中頃に満開、週末にはあでやかに花びらが舞うようになり、朝夕の散歩で、ひとときの「華」を感じさせてくれる。
 薪とかジープといった「ゴツい」ものばかりでなく、たまには花の画像があってもいいよね?

桜の季節。20110411-01

2011-04-08

普段通りに。

 気がつけば2週間も当ウェブログをほったらかしにしていた。昨年夏以降の「何にも出来ない最悪の体調」は脱し、年が明けてからは自分のペースで作業を進められるようになっているのだが、何故か脳内の作文機能だけが回復しないままでいる。それに、パソコンの前に座るのが何だか億劫で…。

 ガソリンスタンドの行列は見かけなくなり、スーパーもほぼ震災前の品揃えに戻っている。見当たらないのは、ミネラルウォーターと納豆と乾電池くらいか。水は、以前から隣家や知人宅の井戸から美味しい水を頂いて…というか勝手に使わせてもらっているので心配なし。そもそも国内でミネラルウォーターなるものを買ったことがない。納豆は大好物だが、無ければ困るというほどでもない。乾電池は、キャンプ(野宿)用に買い置きがある。生活は、すっかり震災前に戻っており、停電しても限られた時間でキャンプ慣れしているから不自由を感じることはない。
 新聞やテレビで被災地の状況を見るたび「何か出来ないか」と考える。しかし、相変わらず経済的に厳しい状況下にあり、現地へ行けたとしても何の働きも出来ないどころか、炊き出しの列に並んでしまいそうだ。有給休暇や仲間がいれば、話は別だが…。
 これまでと同じく節約に努めながら普段通りの薪に関わる生活を送り、節約したお金を義援金に回すのが、今の私に出来る最良の策であろう。災害でライフラインが断たれた際、薪は有効なエネルギーでもあることだし。

 | HOME | 

CALENDAR

MONTHLY

CATEGORIES

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS