少々休筆中。 

 昨年末の荒れた…主治医が言うところの「躁に突き抜けた」状態を自分なりに分析し、その要因が躁状態特有の「多感(過敏」、「多考」、「多動」にあると判断。以来、意識的に感覚を鈍らせ、考え込まず、行動を抑制し、もっぱら目の前のことのみに対処している。

 当ウェブログのような駄文であろうと「何かを書く」には、僅かながらも感性や思考力を要するので休筆状態。脳内にある作文回路が再稼働するまで、もう少し時間がかかるかも。

 これ以上考え込まないためにも、本日はここまで。