ジープ(Jeep)と薪ストーブ(暖炉) 焚き火屋店主、NPO森臨隊代表・菰田晴雄の呑気なウェブログ

ジープと焚き火をこよなく愛する人間の、時に間抜けで時に過激なウェブログです

2015-06-22

森臨隊、順調に活動中。

 今年度、森臨隊は寄居町南部のとある森で、里山への再生に取り組んでいる。活動予定区域は、公図上で約4,000㎡、4月下旬に下見した際、森の南側には篠竹が密生して人が立ち入ることも困難な状態だった。

 しかし、5月23に刈払機取扱の資格を取得した会員の練習を兼ね作業に着手して以降、会員も含め森林作業に興味のある方や作業療法の一環としている方々が積極的に参加してくれるおかげで予定以上のペースで進み、序盤で最大の難関だった広域の篠竹刈りが終わり、全エリアの約7割まで下刈りも終えている 。

森臨隊、順調に活動中。20150622-01
森臨隊、順調に活動中。20150622-02
活動エリアの外観。着手前(上)と6月13日時点(下)。

森臨隊、順調に活動中。20150622-03
森臨隊、順調に活動中。20150622-04
▲篠竹や下草を刈り、風通しが良くなった森の中には、時折人の手が入っていた場所もある。


 森の中には倒木や朽ち木が多く、今後はこれらを適当な長さに玉詰めて片付けたり、侵食してきている竹を伐採して搬出しながらの作業となるが、本格的な雨期の前にここまで進められたのは、嬉しい誤算。

 梅雨らしい天気が続くようになってからは作業を中断しているが、風通しが良くなった森の中は、う~ん、心地良い!

 | HOME | 

CALENDAR

MONTHLY

CATEGORIES

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS