喪中葉書。 

 先週、11月に入って3枚目の喪中葉書が届いた。文面から、故人を偲ぶご遺族のお気持ちが伝わって来る。そうか、もうそういう時期なのか…。

 3月に母が、8月に父が死去した私は、喪中葉書を出す立場にある。しかし、鬱周期から抜け出せず立冬を過ぎてなお、喪中葉書を用意する気になれない。

 父の交友関係は広く、生前「毎年400~500枚の年賀状を出している」と語っていたものの、誰とやりとりしていたか殆ど把握していないし、ここ約1年のドタバタで把握する余裕もなかった。父が住み慣れた神奈川を離れ姉の元で余生を過ごすと決めた際、手紙も含めて身の回り品は姉に送ったため、今更把握することも難しい。
 母の年賀状は、おそらく30通前後。「捨てられない」性格だったため、多く残された遺品の中から父宛も含め直近の年賀状を発掘するには時間と労力が要る。
 そして私は、精神的な異変を自覚して以降、十数年も年賀状を出していない。

 ちなみに父宛の郵便物は姉の自宅へ、母宛の郵便物は拙宅へ転送されるようになっている。年が明け両親宛の年賀状が来たら、差出人様が健康でおられることを祝いつつ、鬼籍となったと伝える返信を書くことになろう。

 以下は、喪中葉書にも使えるように書いた文章で、諸事情から葉書を出せない代わりとして、ここに記します。

<喪中につき新年の挨拶を失礼致します>

 本年3月20日に母・菰田啓子が、8月10日に父・菰田淳郷が他界しました。母85年8ヵ月、父86年2ヵ月の生涯でした。
 大恋愛から夫婦となった両親は、昨年11月に60回目の結婚記念日を迎え、そして仲良く半年と置かずに彼岸へと渉りました。昭和5年生まれの両親は、ともに厳しいながらも愉しさを感じられる人生を過ごし、命を全うしました。
 両親へのご厚情に心からの深謝とともに、皆様が息災でおられることを祈念しております。

菰田晴雄

出店します-その2。 

 報告が遅くなってしまい申し訳ありません。11月3日(文化の日)に開催された小川町商工祭にブランド古着販売ブースを出してみたところ、予想を上回る売れ行きでした。商品をお買い上げ頂いた皆さん、興味を示してくれた皆さん、飛び入り出手伝ってくれた読者さん、そして影ながら応援して下さった皆さんに、心より感謝致します。

出店します-その2。20161109-01
▲勝手が分からず搬入した商品は、軽トラ山盛り2台分。ブースレイアウトを考える余裕もないまま来客対応となりました。


 この結果に気を良くして、11月19日(土)に小川町の栃本親水公園で開催される「小川紅葉祭り」に同様のブースを出店します。はい、「2匹目の泥鰌」狙いですが、どうやらニーズはありそうです。
 イベントの詳細は、下記の通り。なお、私の体調が接客にそぐわない場合や雨天時は出店を取りやめますので、あしからず。
・日時:平成28年11月19日(土)、10:00~15:00
・場所:小川町栃本親水公園。
    埼玉県比企郡小川町大字青山948
・連絡先:090-2562-1374(こもだ)/0493-72-8188(Fax.)
     takibiya@gmail.com

 「古着は良いけど本業はどうなん?」と思われるかもしれませんが、昨シーズンから客層が変化し原木が売れています。特にリピーターが多いのは良い傾向でしょう。
 まだ不安定な体調ですが、焦らずゆっくり。12年ぶりに大爆発した躁衝動の後始末は、簡単ではないのです。

出店します-その2。20161109-02
▲ヤガラの原木を買い求めるお客さんには、自己責任にてお願いしています。