ジープ(Jeep)と薪ストーブ(暖炉) 焚き火屋店主、NPO森臨隊代表・菰田晴雄の呑気なウェブログ

ジープと焚き火をこよなく愛する人間の、時に間抜けで時に過激なウェブログです

2016-12-30

恢復度チェック。

 昨日は、故・石川雄一さんの追悼を兼ねた「橋の下忘年会」に参加。助手席に陣を乗せ軽トラで会場まで行けたこと、アル中なのに美味そうな酒と肴が並ぶ場で致酔性飲料を1滴も口にしなかったこと、この2項目で自分自身の恢復具合を確認出来た。まだまだ駄目だと思う一方、やっとここまで戻れたという実感も。
 集まったのは、4×4MAGAZINEからCCVに移ったイシカワイズムに毒され(失礼!)愛読していたコアな面々。怪しげな風体が屯し、広くて深い会話を交わす。誘惑(何の?)に負けた場合を考慮して簡易宿泊用具も積んでいたが、酔えばこの会話から脱落してしまう。それはあまりにも勿体ない。

 初対面の方もいれば、懐かしい顔もある。重度の鬱とアル中でCCVを辞去したのは16年前で、私自身が「過去の人」なのだと認識している。
 にも関わらず、20年前の記事を何度も読み返しているとか、25年前の記事は宝物です、なんて言われると、お世辞であっても筆者冥利に尽きる。
「今でも鋭い切り口で四駆の記事を書けますか?」と問われた時には答えに窮し、
「今は書きたくなるような車がありません」と返したが、少し時代を遡ればネタは山ほどある。

CCV忘年会20161229-01B
▲美味しそうな酒と、風情溢れる燗銅壺。さぞ美味かろう。なお、公序良俗に反する・・・もとい、肖像権が派生しそうな部位は隠してあります。ベタ塗りの裏に「赤貝」や「鮑」が隠れているなら別ですが・・・。


 発病以来、最大級の躁と、反動による最大級の鬱に見舞われた私は、自分の立ち位置を見失いリセットを模索中だが、ジャンルが広く、どの分野をどの時点に戻すべきかを迷っている。
 同時に、倅がいっぱしの社会人となり娘の進路が決まった状況で、老い行くだけの父親がリセッして良いのかも迷っている。生き物として遺伝子の引き継ぎ役は、もう終わったのだ。

 あれこれ悩みながら、来客が増えた「焚き火屋」や「森臨隊」の営みを中心とした今後を模索中。しかし、仮に今さら私がどこかに記事を書いたとして、それを購読する方がおられるのだろうか? そう考えながら、今日もチェーンソーを手にしている。

コメント

読みたいです!(´∀`)ノ菰田さんは私には生きる指標です。

そちらに伺って、気分転換がてら焚き火屋のお手伝いをしたい気持ちがふつふつと。

良いお年を!
焚き火屋店主菰田が入院しました。
臨森隊隊員の小林です。
焚き火屋店主菰田が急病の為本日入院しました。
しばらくの間(1ヶ月ほど)焚き火屋の営業は原木、薪をこちらへ(小川町の作業場)取りに来て頂ける方法に限らせて頂きます。
ご注文お問い合わせは菰田・表記してあるわたしの会社のメールにお願いいたしますが、返事が遅くなる場合があります。
販売対応は私小林が承ります。
(別に仕事をしているので当日欲しい!の対応が出来ない場合があります。
皆様、よろしくお願いいたします。
ご無沙汰しております。
調子はどうですか?
いろいろ大変でしょうが、無理せず過ごして下さい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://komodaharuo.blog74.fc2.com/tb.php/833-006f15fe

 | HOME | 

CALENDAR

MONTHLY

CATEGORIES

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS