ゆっくりリハビリ。 

 商品としての作りが一段落し、今は、搬入したものの加工(玉切りと割り)が追いつかず放置状態でボケて(傷んで)しまった原木の処理をのんびり進めている。質は落ちるが、ボケた原木でもになるし、自宅用はこれで充分。中には、意図的に傷んだを焚く方もおられるので、無駄にはならない。

ゆっくりリハビリ。20170629-01
▲ボケた(傷んだ)原木からの作り。樹種によってボケ方が異なる。


 両親のことや双極性障害大爆発、そして膵炎で入院などブランクのあった私にとって、チェーンソーによる原木解体や薪割り機の扱い、を振っての薪割りなどは、勘を取り戻すための良いリハビリになっているようだ。
 今の課題は、やれる時にやれる事をやる、というもの。やれる事をやっているうちに、やれる事が少しずつ広がり、やれなくなっていた事もやれるようになって来ている・・・と思う。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komodaharuo.blog74.fc2.com/tb.php/848-f9b52262