父の一周忌。 

 早いもので、一昨日は父の一周忌。親不孝者の愚息は、特に法要等も考えておらず、いつもより多めの花と供物で墓参を予定していた。

 しかし当日の朝、しっかり睡眠を取り目覚めが良かったにも関わらず、何だかだるく片道100kmを走って行く気になれない。どーしたんだろ? 鬱周期は抜けているはずなのに。
 そう言えば、プレオのエアコンスイッチを入れると時々ベルトが鳴いてたっけ。コンプレッサー駆動プーリーの負荷でベルトテンションが変わり、鳴き始めるパターンか。
 どこかに鳴き止めスプレーがあったはずと、混沌でも雑然でも表現不足の荒れた屋内をあちこち探すも見つけられず。蒸し暑く、余計にだるくなって、とうとう気力が失せてしまった。

 あ"~、だりーしめんどくせー。きっとこれは「行くな」という「お知らせ」に違いない。自分の怠慢さを棚に上げ、棚から父の遺影を下ろし位牌と並べ線香を立て、ビール味の安酒をパシュッと開けて「父」に献杯。これでもう車での外出は不可能。メモリーカードに記録されている元気だった頃の父の姿を見ながら、その時交わした会話を思い出す。こげな一周忌があってん良いかろ?

父の一周忌。20170812-01
▲息子が生まれた時から、将来親子3代で酒を酌み交わすのが父の夢だった。難病末期で余命わずかとなった一昨年、息子は二十歳の誕生日に駆けつけてくれた。あの時の味は忘れられない。


 そして旗日開けの今日、プレオに乗って、いつもお世話になっている整備工場へ。
「すみませーん、鳴き止めスプレーありますか?」
 と、ボンネットを開ける。そして覗き込んだ若社長がひとこと。
「うん、スプレーはあるけど、ベルトがないよ」
 えっ? 今、何と仰いました??
 覗いてみると、何とまぁ、ベルトはズタズタ状態で、たこ糸程度に残った部分が、かろうじて絡んでいるだけ。先月点検した際は何ともなかったはずだが、まさか見落としたのか?
 ちなみにこのベルトは、オルタネーター駆動がメイン。この状態なら、恐らく発電していない。あっぶねぇなー。このまま乗ってたら、バッテリーがカラになった時点で終わりだったじゃん。
「はい、この車、もう乗っちゃダメ。部品屋さんが動き始める盆明けまで預かるから」
 と、若社長。はい。乗れと言われても乗りません。

 一昨日、体調を整えていたはずなのに墓参りへ行く気になれなかったのは、冥土の父が「わざわざ墓に来んで良か。ハルオの汚い部屋で一緒に飲もう」と誘ったからではあるまいか。今はそう思いたい。怠惰な日々が招いた偶然だとしても。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komodaharuo.blog74.fc2.com/tb.php/856-27d035ff