誤解なきよう。 

 10月1日に開催する「読者会見・秘蔵品販売会」に関しては、既に4名の申し込みがあり、10数件の問い合わせがあった。
 イベント内容が曖昧で、ややこしい申し込み方法にも関わらずmailを送って下さった皆さん、ありがとうございます。①~⑭の各項目を読みながら、厳しくも愉しく過ごした現役時代を思い出しました。そうそう、CCV誌の愛読者って、このノリなんだよねぇ~。

誤解なきよう。20170909-01
▲ステッカー各種。左上は冨安大輔氏ハンドメイドの力作。絶妙な絵の具の配分により、同じものは2枚とない。下はDM用封筒と、当時ジャカルタに赴任していた二階堂裕氏が現地で作って下さった刺繍ワッペン。


 在庫アイテムの問い合わせは多く、それに合わせてあっちの引き出しをガサガサ、こっちの段ボールをゴソゴソ。そうしていると、記憶以上に在庫があったり忘れていたブツが出て来たりで、思わず懐かしくなる。中には、「何でこんなモンがあるんだ?」というモノも。
 手放したくないアイテムもあるが、不動産化しつつあるJ3改を公道復帰させるための資金になるなら、欲しい方に譲るのが良策だろう。

誤解なきよう。20170909-02
4×4 MAGAZINEオリジナルZIPPO。MB/GPWの他に、MA、BRC40、M38、M151等もあった。読者時代(何歳だ?)に実用として1個、入社してから保存用に1個購入した記憶がある。


 また、9月5日の記事中に用いた「暴露」という表現が不適切だったようで、警戒している方々もおられると耳にした。
 確かにこの用語は良くないし、誤解を招いているので、当日話す予定の内容を少し説明しておきたい。
 石川さんが他界した今、CCV誌発案から創刊へ至るまでの詳細な経緯を知るのは私だけになってしまった。本来なら何かしら書き記しておくのが良いのだろうが、今の私には余力がないし、お迎えが近くまで来ているようにも思えるので、誰かに語る形でバックアップを取り、継いで欲しい。一時は発行を諦めかけるほど、本当に難産だったのだ。
 創刊後も苦労続きだったが、書き作る愉しさの方が勝っていた。別冊を含む紙媒体は私が、映像関連は同じく4×4 MAGAZINEを辞めた鈴木修二氏が担当し、その2つを総括していた石川さんは、とりわけ苦労が大きかったと思う。
 苦労話を語るなんて、矜恃を疑われそうだが、決して順風満帆ではなく、アクシデントと幸運が混在しながら創刊し、続けられたことは、誰かに知っておいてもらいたい。
 CCV誌に関しては、そうした内輪話がメインになる。誌面を舞台に例えるなら、舞台を作るまでの過程や舞台裏のお仕事といったところか。

誤解なきよう。20170909-03
CCVビデオ「四駆アクション」(左)と、その前身となる4×4 MAGAZINEビデオ「マッド・アクション」(右)。企画、脚本、撮影、編集といった制作スタッフは同じメンバーで、どちらもVHS版のみ。年月を経た今、観て笑える…か?


 4×4 MAGAZINEに関しても同様だが、暴露的な話題はいずれも30年ほど前の出来事で、もう時効だろう。人殺しだって、刑期を終え娑婆に出ている。
 H田さんとKさんコンビによる著作権侵害事件、F島編集長による著作権侵害事件は、相手方の寛大な対応により表に出なかったが、場合によっては社の存続を揺るがしかねない案件で、これに関しては相手方本人と、交渉にあたった複数のスタッフしか知らない。
 クライアントから借り受けた取材車輌の自損全損事件は私が当事者で、ギョーカイ中に噂が広まったらしい。
 これらの裏話も、ユーモアを交えながら聞き手に心地良く語るつもりでいる。ギョーカイ内で誰と誰がどういう経緯で喧嘩していたとか、もはや笑い話でしかない。
 参加者からの質問をさらりと受け流したら、それは口外厳禁事項で、墓場まで持って行く内容だと察して戴きたい。

誤解なきよう。20170909-04
▲中綴じ時代の4×4 MAGAZINE。今の住まいに越した際、タブっているバックナンバーは全て希望者に配布したはずだが、まだ残っていた。


 戴いた問い合わせの中に、「なぜ2,000円の参加費が必要なのか?」という内容が多かったが、それに対しては以下のように答えている。
「会場は借地で、駐車場の手配やイベント準備にもコストが掛かっています」「あなたは無料でJJに参加していたんですか?」「タダほど高い物はありませんよ」「参加費が安いと思ってもらえるような内容を考えています」

 可能な限り、参加者の興味を引き、楽しめて懐かしめて満足してもらえるよう心がけるつもりだが、1人で出来る事には限界があり、その範囲内でしかない事は予めご承知戴きたい。
 9月11からの「秘宝館」閲覧・販売で、イベント当日用のアイテムが売り切れてしまったらどうしよう。(←杞憂だよ)

読者会見・秘蔵品販売会 開催決定。 

 昨日当欄に掲載したイベント案を丸1日検討して開催決定。ま、定員一杯になれば嬉しいし、誰も来なかったら普段通り焚き火屋か森臨隊の作業をしていれば良いだけのこと。失敗しても損はない。
 基本的には参加者からの質問に答える形とするが、質問がなければ主催者が話題を振り、毒舌暴露トークが炸裂するかも知れない。例えば、柴田さん(現作家)激怒事件、F島編集長某誌丸パクリ事件、取材車輌全損事故事件、四駆マニュアル制作裏事情、4×4ガイドブック編集vs広告営業内部抗争、CCV発案&準備会議、CCV創刊珍事、山火事寸前事件、4×4 MAGAZINE編集部組織図と力関係、シンプルなCCV編集体制、あの記事の取材場所、酷評した理由、真綿の石川&カミソリ菰田、ユーモアに満ちた編集室、○○さんの手書き原稿は判読不能、ギョーカイ内の対立関係などなど。誰か止めてぇーっ!

思いつきの催し。20170903-01

CCV & 4×4 MAGAZINE 読者会見・秘蔵品販売会◆
・主催--焚き火屋・菰田晴雄(古物商免許 埼玉県公安委員会第431140035982号)
・日時--皇紀2677年(平成29年・西暦2017年)10月1日(日)、0930時~
・場所--埼玉県比企郡小川町内 焚き火屋第3置き場
・参加費--2,000円/人(日本円・JPY現金のみ 外国通貨不可)
        (古着や車輌を含む焚き火屋商材あるいは拙宅「秘宝館」アイテム
        10,000円以上お買い上げの場合は返金1,000円、
        20,000円以上で全額返金
         ※注:18歳未満閲覧禁止品あり)
・定員--30名(予定・先着順)
・参加資格--CCV vol.1~40、 4×4 MAGAZINE 8410~9005、
          各別冊のいずれかを読んだ方
・必須品--参加資格を証明する現品もしくはキーワード、
         質問予定の方は当該号
・申込方法--下記①~⑭をご記入の上、(イ)~(ロ)のいずれかにて
① 読者歴
② 参加を希望する切実な理由
③ 住所(含む〒番号 無宿者応募不可)
④ 氏名(偽名・芸名・通名・源氏名不可)+年齢(特に若い女性)+性別
⑤ 電話番号+mailアドレス
⑥ 職業(省略可)
⑦ 趣味(含む恥ずかしい趣味)
⑧ 愛読されている雑誌・webサイト(世間体の悪いものは省略可)
⑨ 過去あるいは現在の愛車名と愛車歴
⑩ 参加資格該当号で最も興味を持たれた記事
⑪ 参加資格該当号であまり面白くなかった記事
⑫ 今後当欄に書いて欲しい記事やネタ、ジャンル等
⑬ 当欄の閲覧頻度(例:週2、月イチ)
⑭ その他、ご意見、ご批判、ご自慢、雑談・・・。
   ここに寄せられたご意見等は当欄に掲載あるいはネタとなることがあります。
※⑦~⑭は複数回答可、②は重要
(イ)E-mail:takibiya@gmail.com
(ロ) 郵送:〒355-0316 埼玉県比企郡小川町角山197-5 焚き火屋
(ハ) Fax.:0493-72-8188
・申込締切--皇紀2677年(平成29年・西暦2017年)9月20日(日)
・禁止事項--政治活動、布教活動、ビラ配布、スカウト行為、
   公序良俗に反する行為、盗撮、野合、過度な飲酒、
   その他主催者が場に相応しくないと判断した行為。
   ※違反した方は即ご退場願います。
・注意事項--
①会場にはトイレがありません。
  見られたくない方は最寄りのGSかコンビニをご利用下さい。
  見せたい方はご自由に(女性限定)。
②喫煙者は、携帯灰皿を持参して下さい。嫌煙家は、適当に避難して下さい。
③インタビューの回答や暴露話は、原則オフレコでお願いします。
④会場および駐車場内では、ルールとマナーを厳守して下さい。
  守れない方は即ご退場願います。
・追記--
① 取材(有料)を希望される方・団体は、事前に申請して下さい。
  ただし媒体内容を検討し不許可とする場合があります。
② 前日と当日、現地で野営泊可能です。トイレはありません。
③ 水道はありませんが、美味しい湧き水や井戸水を案内します。
④ 各自椅子か筵、ブルーシート等をご持参下さい。
⑤ 飲料、食料、調理機材は各自でご用意下さい。
  薪(有料)は豊富にあります。
  差し入れ大歓迎です。
⑥ 酌婦、ホステス、コンパニオンはおりません。
  必要な方はご自身でご手配願います。
⑦ 「お宝」の購入希望者が複数の場合は、競りかジャンケンで決めます。
⑧ 録音、録画は原則禁止としますが、
  事情によっては許可しますのでお問い合わせ下さい。
⑨ブース出店(有料)を希望される方は、事前にお問い合わせ下さい。
※私をサポートしてくれるスタッフ2~3名も同時募集します。
  手間賃は時給900円相当の現物支給ですが、ナイショの特典があります。

読者会見開催決定。20170904-01


 このようなイベントは前例がないので、どう展開するかはまったく不明。予定している裏話は、恐らくここだけでしか聞けない内容で、今回だけになるかも知れない。廃盤となっているCCVビデオ各種、ステッカー、謎の複製本、ランクル40系やジープ50系等四駆のカタログ、ジープ関連外国書籍など好事家の「お宝」多数、競り必至。

 とにかく懐かしい話題で盛り上がりましょう! 申込方法①~⑭を見て「あれっ?」っと感じた方は参加資格があります。出来れば質問責めにして下さいハァハァ。(←この莫迦チンが!)
 なお、イベントに先立ち9月11日(月)から、拙宅「秘宝館」にて所蔵品閲覧・販売を開始します。興味のある方は、090-2562-1374(「ジゴロに意味なし」と覚えて下さい) にお電話の上、来訪日時をご予約下さい。

思いつきの催し。 

 躁か鬱かはさておき、何か現状を変えることないものかと、足りない脳味噌で考えてみた。

 で、思いついたのが「CCV & 4×4 MAGAZINE 読者会見」(仮題)なる催し。
 CCV誌創刊前の発案時から約11年、4×4 MAGAZINEの一時期約5年半、制作に携わった当人が、対象刊行物愛読者から直接質問に答える質疑応答イベントで、誌面には出て来なかった当時の秘話も、質問があればストレートに、いや、時にはカーブやシンカー、フォークに魔球も混ぜつつ答える毒舌会見
 調子に乗って、答えなくても良い内容まで暴露してしまうかも知れないが、果たして興味を持つ方がおられるのか。開催出来たとしても、いろんな意味で大丈夫なのか。
 そろそろ伐採期に入るので、やるとしたら「なるはや」。場所は焚き火屋の置き場、読者限定、定員制か? 参加者の多数に満足してもらえるには、内容をどうしたら良いか・・・。帽子掛けが1つしかないと、こういう時も困ってしまう。

思いつきの催し。20170903-01

 過去、思いつきで行動し良いことがあった一方悪いことも沢山あっただけに、他人を巻き込む同じ過ちを繰り返さないよう慎重になってるのも事実。今度やらかしたらシャレにならん。
 当欄読者の皆しゃん、どげんやろ?

S.O.S. 

 後になって、
「どうして助けを呼ばなかったんだ!?」
 と、叱られたくないので、書いておこう。書いたら書いたで、
「どうして助なんか呼んだんだ!?」
 と、非難されるのは承知の上で。

 暑さと長雨によるものか、それともやはり自分悪いのか、本来の自分を取り戻すと感性も冴え、収入が激減し底辺間近である現状に気づいてしまった。
 換金可能な物を売ることで糊口を凌いで来たが、もう換金行為の手間に疲れてしまった。でもまだまだモノがある。例えば、CCV4×4 MAGAZINEの内部にいた人間あるいは協力関係者しか持っていないアイテム、ノベルティ、ステッカー、バックナンバー、ZIPPO、ワッペン等々。四駆誌各種、Y60のパーツ、四駆イベント関連グッズ類、焚き火屋不良在庫、古着、模型関連書物、PX創刊号をはじめとしたミリタリー関連書物・グッズ、副業のために集めた資料、××分野の冊子・VHS・DVD、SP・LP・EPレコード、漫画の切り抜き、他界した漫画家のサイン色紙、懐かしい昭和の同人誌、EXPO'75海洋博グッズ…。昭和30年製足踏みミシン、削り直した桐タンス、数え切れない端切れ、昭和38年製の木製学習机、裏印のある食器類、掛け軸、航空関連グッズといった両親の家財も、生かせる誰かに買って戴きたい。
 今の家に転居した際、重くて邪魔に感じた4×4 MAGAZINEバックナンバーの多くを当欄読者に無償配布したが、今はもうそんな余裕はない。いっそJ3とセローLN2も手放してしまおうか。
 余談ながら、手元にある卒業アルバムは、出す所に出すととんでもない値が付くらしいが、大切な思い出なのでカラーコピーで対応しよう。
 今後を考え、新しい免許を取得出来たというのに、それを生かす資金がないというのは虚しい限り。

 S.O.S. S.O.S. 我危険ナ躁周期ナレドモ困窮セリ。熟慮ノ上救援求ム。

父の一周忌。 

 早いもので、一昨日は父の一周忌。親不孝者の愚息は、特に法要等も考えておらず、いつもより多めの花と供物で墓参を予定していた。

 しかし当日の朝、しっかり睡眠を取り目覚めが良かったにも関わらず、何だかだるく片道100kmを走って行く気になれない。どーしたんだろ? 鬱周期は抜けているはずなのに。
 そう言えば、プレオのエアコンスイッチを入れると時々ベルトが鳴いてたっけ。コンプレッサー駆動プーリーの負荷でベルトテンションが変わり、鳴き始めるパターンか。
 どこかに鳴き止めスプレーがあったはずと、混沌でも雑然でも表現不足の荒れた屋内をあちこち探すも見つけられず。蒸し暑く、余計にだるくなって、とうとう気力が失せてしまった。

 あ"~、だりーしめんどくせー。きっとこれは「行くな」という「お知らせ」に違いない。自分の怠慢さを棚に上げ、棚から父の遺影を下ろし位牌と並べ線香を立て、ビール味の安酒をパシュッと開けて「父」に献杯。これでもう車での外出は不可能。メモリーカードに記録されている元気だった頃の父の姿を見ながら、その時交わした会話を思い出す。こげな一周忌があってん良いかろ?

父の一周忌。20170812-01
▲息子が生まれた時から、将来親子3代で酒を酌み交わすのが父の夢だった。難病末期で余命わずかとなった一昨年、息子は二十歳の誕生日に駆けつけてくれた。あの時の味は忘れられない。


 そして旗日開けの今日、プレオに乗って、いつもお世話になっている整備工場へ。
「すみませーん、鳴き止めスプレーありますか?」
 と、ボンネットを開ける。そして覗き込んだ若社長がひとこと。
「うん、スプレーはあるけど、ベルトがないよ」
 えっ? 今、何と仰いました??
 覗いてみると、何とまぁ、ベルトはズタズタ状態で、たこ糸程度に残った部分が、かろうじて絡んでいるだけ。先月点検した際は何ともなかったはずだが、まさか見落としたのか?
 ちなみにこのベルトは、オルタネーター駆動がメイン。この状態なら、恐らく発電していない。あっぶねぇなー。このまま乗ってたら、バッテリーがカラになった時点で終わりだったじゃん。
「はい、この車、もう乗っちゃダメ。部品屋さんが動き始める盆明けまで預かるから」
 と、若社長。はい。乗れと言われても乗りません。

 一昨日、体調を整えていたはずなのに墓参りへ行く気になれなかったのは、冥土の父が「わざわざ墓に来んで良か。ハルオの汚い部屋で一緒に飲もう」と誘ったからではあるまいか。今はそう思いたい。怠惰な日々が招いた偶然だとしても。

勘の戻り。 

 現在請けているのは、車で東へ50分ほど行った場所にある平地の雑木林で、隣接する墓地に影響しそうな障害木の処理。
 施主さんから依頼された木はいずれも超難物でリスクも高く、森臨隊の機材と技量では難しいと判断し、枝下ろしや伐倒と、その後の大まかな枝処理は大親方に依頼。伐倒木の玉詰め・搬出と最終的な林内整理を森臨隊で行うことにした。

勘の戻り。20170727-01
▲軽トラが入れる場所に最も近いコナラの大径倒木。元径60cm超で、35cmに玉詰めても70kg以上になる。

勘の戻り。20170727-02
▲薪割りの効率を考えながら、尺棒を用いて切断部位をマーキング。


 体調や天気と相談しつつ、先週から作業に着手。搬出や今後の作業を考え、どこからどのように詰めて行くかを検討してマーキング。直径60cm以上の原木が多く、効率良く進めるため、チェーンソーのガイドバーを普段使いの14インチ(35cm)から標準仕様の17インチ(43cm)に交換。

勘の戻り。20170727-03
▲愛用の新ダイワE440、愛称:みどりちゃん。普段は取り回しの良い14インチ(35cm)バーを装着しているが、この日はφ60cm~級の原木がメインなので、標準仕様の17インチ(43cm)に交換。このバーでも回し切りの技量は必須。


 ガンタ(木回し)と鳶を活用しながら、地面を切らないようノーズ先端を意識して地面に寝がされた原木を玉詰め開始。
 切り出した玉の状態と、回し切りで段差がない木口の断面を見て、ほぼ勘が戻っていることを確認。これなら大丈夫。

勘の戻り。20170727-04
▲長いままではごっついガンタでも回せないので、切り出しやすい部分からカット。

勘の戻り。20170727-05
▲その断面。これなら自分基準で合格。勘が戻っている。

勘の戻り。20170727-06
勘の戻り。20170727-07
勘の戻り。20170727-08
▲伐倒時の「ツル」が残った「元玉」は、ツルを切り落とし木口を整えてから搬出。切り落としたツルは、ブロック薪として活用。元玉部位は粘り強くて密度が高く、1本の樹から1個しか取れない高級品。

勘の戻り。20170727-09
▲順調な玉詰め作業。刃が地面に触れないよう、バーの先端に意識を集中。

勘の戻り。20170727-010
▲初日の作業終了。蒸し暑さで気力負けし短時間で終えた。

勘の戻り。20170727-011
▲2日目にカットした玉の木口。これも自分基準で合格。断面がきれいだと気持ちが良い。

勘の戻り。20170727-012
▲この辺りでは「サバ」と呼ばれる枝分かれした部分は、重いため縦挽きで2分割。この部位も密度が高くて火持ちする高級品。

勘の戻り。20170727-013
▲2日目終了時点。これはまだ序の口で、奥にはあと7本分が隠れている。全てを運び出すのに、どれほどの労力と時間がかかるんだろ?


 問題は、量が半端無いことと、軽トラが乗り入れられる場所から伐倒現場ま30m以上の距離があること。軽トラ?台分を重~い玉を抱えて往復するのは、考えるだけで疲れてしまう。クローラー運搬車を持ち込むとするか。
 ちなみにこの原木は現地でも直接販売するので、興味のある方は私の携帯電話 (090-2562-1374)に連絡されたし。同時に、チェーンソーワークや山仕事の練習を兼ねて手伝ってくれる人足も募集中。

笑えねェ。 

 CCV時代、石川さんが笑いながらこんなことを言っていた。
「ストリッパーが国会議員になっちまうンだから、イタリアってスゲー国だなって思ってたけど、日本もイタリアを笑えねェよ。こっちじゃプロレスラーだかンな」

 あれから25年ほど経ったが、笑えねェ状況は益々酷くなっている。
「おいおい、今度ぁ国籍不明の女だってよ。それも野党第1党の党首だぜ!」